簡単でおいしいイチゴジャムレシピ

苺ジャムを手づくりで♪

いちごジャム瓶

甘酸っぱくさわやかなイチゴの味は、ジャムにしても
最高ですよね!きれいな赤色は、ヨーグルトやパン、
アイスクリームやケーキのトッピングにもピッタリ♪

 

大人も子供も大好きな苺ジャムを手づくりで楽しみ
ましょう。材料も作り方もシンプルで簡単なので、
いちごが安くなったときには、ぜひ作り置きしたい
1品ですよね。


イチゴジャムの作り方 鍋編

いちごジャム

 

材料
いちご   600g(2パック)
砂糖    300g
レモン汁  大さじ3
料理酒   大さじ2

 

 

作り方
1、いちごは洗って、水気を切ります。
2、苺のヘタを取ります。
3、お鍋に材料を入れ、弱火にかけます。
4、浮いてくるアク(白い泡)を取り、煮詰めていきます。
  30分ほどでできあがりです♪

 

いちごジャム1 いちごジャム2

 

砂糖の量は、いちごの半分が基本ですが、実は私は1/3で作っています。
料理酒を入れることで、砂糖が少なくてもいたみにくく、味も深みを増します。
冷めたら瓶にうつしましょう。ヨーグルトなどに添えて♪

 

苺ジャム瓶 苺ジャムヨーグルト

 


イチゴジャムの作り方 電子レンジ編

材料
いちご   200g
砂糖    100g
レモン汁 小さじ1

 

作り方
1、水洗いしたいちごはヘタを取っておきます。
2、深めの容器にいちご、砂糖、レモン汁を入れます。
3、フタをして3分間加熱し、かき混ぜます。
4、ふたを取り2分間加熱して、かきまぜます。
5、また1分間、加熱してかき混ぜ、さらに1分加熱して混ぜ、
  できあがりです。

 

(電子レンジの出力 600w)

 

少量作るときは、電子レンジのほうが簡単ですね。

参考カロリー

 

いちご300g    105kcal
上白糖100g    384kcal
レモン(果汁)20cc   5kcal

いちご豆知識

栄養
いちご100gで62mgのビタミンCが含まれていて、果物の中でも
トップクラスのVC含有量です。

 

洗い方
食べる直前にヘタをつけたまま流水で洗い流します。先にヘタを
とると、水っぽくなり、せっかくのビタミンCも流れてしまいます。

 

選び方
苺の表面に光沢があり、赤い色が鮮やかなものを選びます。
ツブツブもはっきりしているものがいいですね。ヘタは緑色が
濃いほうが新鮮です。

セルライト解消法☆自分で簡単に取る方法